HOME   >>  お寺さんと檀家
--.--.--.-- iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Fri.07.08.2011 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

7月お盆、今年も要注意

お盆行事に主体的に関わるようになって、この夏、たぶん5回目でしょうか。
東京近辺は7月お盆というのが多く、うちのお寺さんでもそうなのですが、これが曜日配列お構いなしということに、去年気付きました。

それまでの数年、たまたまずっと、土日にお盆が当たっていただけのことらしく。
去年、平日の法要設定を知って、びっくりしたのなんのって。
13日は不動!
そして今年も13日は平日ど真ん中。
来週水曜日さー。

1カ月早い平日のお盆。
施主でも忘れて不思議ない感じですが、気持ちにゆとりがあったら、お迎えの心づもりなどできるといいですね。

調整難で法要欠席することになっても、気持ちさえあればそれでねぇ。
せめて気持ちだけは穏やかに。

SBCA5276.jpg ~本日の夜ご飯~
 ホワイト餃子を食べてきました。
 がんばったけれど、10個しか食べられなかった。
 これは夏バテ!!

 なお、夫は30個・・・
スポンサーサイト
 Comment. 0 Trackback. 0

Wed.06.16.2010 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

7月お盆の曜日に注意

東京あたりは仏事のお盆は7月でして、このくらいの時期になると盂蘭盆会の法要のご案内がお寺からあるんです。

忘れちゃいけない!と思って、早速カレンダーに書こうとしたら、何回見ても、その日、平日なんですが!!
7月13日、ふつうの火曜日よね??

お寺付き合いはじめて4回目のお盆な気がしますが、どうやら、これまでずっと、たまたま週末にお盆がかかっていたようで。

まるで盲点だった7月平日のお盆行事!

8月のお盆は、会社もいっせいに休暇になるのでそういう心配ありませんし、お彼岸は春分の日・秋分の日で必ず祝日ですし。

よほどはずせない仕事がない限り、法要には夫も同席してくれていたんですが、さすがに平日は頼みにくい~

あらためて法要で同席する方々を思いますと、多くが現役じゃない雰囲気ですね・・・。
7月のお盆に会社休んでいる方って見かけない気がしましたが、そりゃ、見かけないわけでー。

ということで、7月お盆でお勤めの皆さま、今年は要注意ですよ~
13日(火)、14日(水)、15日(木)、16日(金)というカレンダーでございます。
DSC04427.jpg
 ~本日の夜ご飯~
 ・もやしと小松菜のナムル
 ・中華風コーンスープ
 ・ホワイト餃子

 これに、ごはんとドラフトワン。
 麦ホもいいけど、ドラフトワンにも別の良さが~
 夏向きですね!

 ちなみに、今夜のご飯は旦那さま担当でございます。
 ナムルはわたしが応援!

 
 Comment. 0 Trackback. 0

Thu.03.18.2010 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

お葬式でケチらない方がいいもの

変なタイトルでなんですが、職場で世間一般論としてのお葬式のことが話題になって、母親の葬儀のこと、しばらくぶりに思い出したので、ちょっと書いておこうと思います。
あんまり関係ないけれど、ちょうどお彼岸入りですしねー。

喪主とかその配偶者とか、葬儀取り仕切るような役割担うのは、場数踏んでからであればまだ良い(良くもない・・・)のですが、なかなかそうもいかないこと、多いんではないかと思います。

わたしもその1人で、身近な人の葬儀がはじめてなのに、主体的に葬儀のことを決めねばならぬ状況に置かれました。

ただ、幸いなこともいくつか重なりました。

まず、親は自宅で亡くなったんです。
なので、病院から急ぎ出なくてはならないという状況ではありませんでした。

あわてて病院紹介の葬儀屋さんにお願いして、びっくりする見積や請求をいただくこと、けっこう多いらしいです。

それから、比較的冷静な頼れる身内が2人もいました。
夫と妹の旦那さまです。

端から見れば、まだまだ若い30代男性かもしれませんが、情報収集・判断・気配り、いずれもすばらしかったです。

そんなわけで、とかく不満が残ると言われますが、葬送についての悔いはほとんどありません。
不合理な支払いはなかったのではないでしょうか。

ただ1点、実はいまだに気になっていることが・・・

お清め、お通夜のお料理が足りていなかったのではないかと。

良心的と思われる葬儀業者さんの言う量をオーダーしたのですが、会葬者が想定より多かったと思うのです。
それって、感謝申し上げたいことですよね。
なのに、箸を伸ばすのがはばかられるほど料理が少なかったとしたら・・・

まあ、お通夜でお腹いっぱい食そうと思う人はいないでしょうし、もしもお料理が足りない雰囲気でも気分害されたりはしないでしょうが、料理だけは余って困るぐらいにすれば良かったなぁと。

他の祭壇とか棺とか諸々のオプションは、思うところのレベルを好きに選べば良く、ムダだと思えば抑えればいいでしょう。

でもね、特に家を出ていて親の交友関係しっかり把握していないような場合、お料理だけは多めが安心ですよー。

数年たってもこんなこと後悔している自分にびっくりしますが、こういう人もいるよー ということで、どうぞ聞き流してくださいませ。
DSC03420.jpg
 ~数日前の夜ご飯~
 麻婆豆腐と塩サバ焼き、えのきのおみそ汁です。

 そういえば、うちの親、麻婆豆腐の時、100%に近い確率で塩サバが一緒だったんですよー。
 
 奇しくも謎な定番を再現!



ちなみにわたしの謎定番は、グラタンと炊き込みご飯(もしくはお赤飯)。
いちお、夫の好物セットというのがその理由と思われます・・・。 
 Comment. 0 Trackback. 0

Thu.08.13.2009 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

盆踊り

お盆ですねー。

うちは帰省もないし、東京エリアの仏事上のお盆は7月ですし、その上アルバイト先はお盆休みの設定がないので、日常といえば日常なんですが、外に出ると、東京人が一時的に減ったのを実感します。

まあでも、せっかくお盆ですので、先月のお盆の法要でお寺さんから聞いた盆踊りに関する法話など~

盆踊り、わたしは祭りと混同していて、豊作祈願かなんかと思っていたのですが、そもそもは仏教行事なんだそうです。
ご先祖さまや精霊をお迎えする踊りなんですって。

ただ、ご先祖さまに戻ってきてほしいという思いをもっていても、一方であちらの世界へいってしまった方々への畏怖の念というものは非常に大きい。

という次第で、手を顔の前あたりで左右に動作させる踊りをすることで、顔をかくして覚えられないようにしているんですって。
ちゃんと帰ってきてね。でも、わたしを覚えてつれてっちゃイヤよ。ってことらしいです。

うーん。我が家、お寺に行ってお墓参りしたくらいのお盆でしたが、まあ、帰ってきたけりゃ好きに来てることでしょう。
そう思うと、ちょっとは掃除でも・・・とか考えちゃったりしなくもない。
あはは。ま、いっか。
今日も元気だー。

DSC01997.jpg
 ~数日前の夜ご飯~
 冷やし中華大盛り
 &梅酒です。

 3人前1袋を2人で分けました。

 そしてハムはローマイヤの優待品。
 超リッチーー!





 
 Comment. 0 Trackback. 0

Fri.05.22.2009 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

お寺の営業時間とお線香

唐突ですが、今日はお寺さんから新規檀家向けにお話があったお寺付き合いや仏事のマナーについてメモしてみようと思います。

親の代からのお寺付き合いを引き継いだのであれば当然知っているようなことであっても、お寺とのかかわりがない家で育ったり、檀家としての付き合いがあっても無関心に過ごしてきたとなると、いざ当事者になったとき、つまらないことで悩むものです。
なんでも聞いてくださいとおっしゃいますが、実際に聞くとちょっと怖かったり、機嫌悪いですか?みたいなこともあるので、2回目は聞かないようにしないと・・・

<お寺の営業時間>
常識としては午前9~午後3時だそうですが、うちは8時~4時、なおかつお昼時は外してくださいというお話でした。

実はこれ、以前に率直に聞いてしまったことがあります。
「朝は何時くらいからうかがってよろしいのでしょうか」と。
お坊さんは5時に起きるとかいう話は耳にするものの、実際何時になったら行っていいものかねぇ。

営業日は基本年中無休だそうですが、最近は、木曜定休など、定休日を設けるお寺も出てきたとか。

<お寺での線香>
これは話を聞いて、お寺によってお考えに差があって、全部のお寺に当てはまると思わないほうがいいかなとも感じましたが、住職いわく、寺院墓地での線香はお寺が用意したものを使うということでした。
その理由は、住職はこだわりを持ってお寺の香料を選んでいるので、線香の香りが混ざるのを好まないというようなことでした。
なお、線香の香料としては、沈香(じんこう)、白檀(びゃくだん)、伽羅(きゃら)などが用いられているということです。
そして、香木の輸出が禁止になるケースが増えていて、値段が上がって大変なんだそうです。

ちなみに、お参りで、お寺さんから線香代を求められたことはありません。
お布施を置くところは随所にありますが。。。

あと、線香がらみでこれは気をつけようと思ったことがもう1点。
線香を立てる位置ですね。
特に法要などの際、施主やそれに近い早い順番で自分に回ってくるとき、奥の方から立てるっていうことです。
つい真ん中に立てたくなりますが、後の人のことを考えましょうというお話。

それから、何本立てるかという話ですが、そもそも、線香自体がお焼香の略式なので、これは何本でもいいそうです。

今後、お寺さんとの関係は合理化・省力化の方向に行くのでしょうが、すぐになくなりはしないでしょう。
ということで、わたしの日常から近いとはいえない方とのお付き合いではありますが、不快な気分にさせないよう、ならないよう、心がけだけはしておこうと思います。

DSC01671 
 ~昨日の夜ご飯~
 大根のお漬物
 はすのきんぴら
 ゴーヤチャンプル
 ご飯 玄米です

 通常の分量に落ち着きました。






 
 
 Comment. 0 Trackback. 0

Tue.03.17.2009 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

彼岸入り

株は先週から状況一変、好調ですね。もう3月銘柄買えないかも。。。
ま、それはそれでいいか。買えないからと言ってなにか無くすわけではなし。

ところで、今週はお彼岸ですね。早いですねー。
以前は全然意識してなかったですけど、お墓を持つとこの日は重要な日に!
お墓というか、お寺に行く日でございます。
以前は東京でもお寺さんの方から自宅に来てくださったりしていたようですが、お互い逆の方が都合良かったりしますよね。
そして、住むところや職業が昔に比べて本当に自由になって、結果、遠くに移り住んだり、別の暮らしをする子に代替わりした檀家も多かったりで、実際問題、お坊さんも回りきれないですよね。

お彼岸が近づいて、ふと、以前のわたしはお彼岸と無関係であったにもかかわらずなぜこの日が休日だったのか、なんで墓持ちとその近辺の一部の人以外も全国的に休日なのかと思って、手近な夫に聞いてみたら、
「お彼岸じゃなくて春分の日だ」
と言われました。
なるほど、そういうことか。それならば納得しよう。

納得といえば、檀家として最初のお彼岸を迎えたとき、お寺さんがお彼岸についてのペーパーを用意して待っていてくださったんですよ。

それによると、お彼岸というのは、本来は毎日心がけるべき、でも、日頃はなかなか実行できない徳目を、せめて春と秋の年に2回くらいは実践してみましょうという期間なんですって。

で、徳目というのは、仏教の六波羅蜜の教えによるもので、次のようなものがあるそうです。

・布施:人に施しをすること(人のためになることをすること)
・持戒:戒を守り、それを保つこと(人に迷惑をかけないこと)
・忍辱:不平不満を言わず耐え忍ぶこと
・精進:精進努力すること
・禅定:心を安定させること
・知恵:真実を見極め、正しい判断をすること

なんでも年のせいにしちゃいけませんが、どうにもイラっときて、隠しきれないほどになることが増えちゃったような。
こんなことではいけない。
けど、これを毎日は実践できない・・・。
彼岸の入りのちょっとした実践として書いてみましたよ。
 
 Comment. 2 Trackback. 0

Tue.09.23.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

秋のお彼岸

体調崩して治りが悪いとか、憂鬱な気分が続いたりの背景には、お彼岸・三回忌法要が控えていることもあるかもなあとか。

どうもお寺さんというか仏事とは波長が・・・
同じく、親戚付き合いの方も波長が・・・

が、とりあえず、まずはお彼岸の法要・お参りを終えて、元気出てきた感じに思う~

こう言っていいのかわかりませんが、東京はお盆が7月であったにもかかわらず、あっという間にお彼岸が来たように感じます。

うちがお世話になっているお寺さんでは、お彼岸やお盆には各檀家がお寺に出向いて、合同でお経を唱えたりなどするしきたりとなっております。

育った家も嫁いだ家もお彼岸・お盆を意識することが少なかったから、いまだこのサイクルになじめません。

そのうち、お寺に行くことすら忘れる予感・・・

夫にも23日を絡めた旅行に3回くらい誘われたような。

ま、もしも旅先で、お寺に行き忘れたことに気づいたら、帰ったら行けばいいですね。
でも、できれば、旅立つ前に、もっともらしい事情を添えてお寺に伺いたいですね。
そして、なるべくなら、当日、ふつうに参列してしまうのがいいですよね。

このように、物事を柔軟に考えられるように気持ちも回復しております。めでたい。

DSC01301 
 ~休日のお昼ご飯~
 連続でパスタランチの模様を
 ・カルボナーラ
 ・チーズマフィンサンド
 ・アイスティー

 結婚して間もないころ、夜ご飯がパスタなのはちょっといやだと言われました。
 実家では夜も食べていたので意外だった。
 ということで、お休みのお昼はパスタ日和。


 
 Comment. 0 Trackback. 0

Wed.09.17.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

法要での会食のプレッシャー

昨日はお得とも豊かともかけ離れた生活談になってしまったので、今日はちょっとお得な話を心がけてみよう。

そもそも、仏事にお得度を交えて考えるのはどうかという問題は置いといての話ですが、お坊さんとお話しするのは必要最小限にとどめたいような感じってありますよね。
世間話って言っても、感覚違うっていうか、接点ない感じっていうか~
わたしがおしゃべりが苦手で、宗教への理解が浅いということも大いに関係しているでしょうが。

ところが、法要などの際の食事の席にはお坊さんをお招きするのが原則となっています。
食事の場所がお寺であろうが、自宅であろうが、飲食店に場所を変えようがそういうことです。

長くにわたって祖父母の代からといったお付き合いであれば、そう違和感はないのかもですが、生前の故人を知らない、ごく最近付き合い始めたお坊さんを、親族の集まりの上座にお招きして、一緒に時を過ごすというのは想像を絶する。
ま、うちが頼んで、葬儀のあとに檀家にしていただいたわけではあるのですが・・・

うちみたいなケースがレアなのかもですが、宗教を除外した感覚だと、仕事とは言っても、お坊さんもお辛い立場であろうと感じる。
書道のように幼き頃から鍛えているのだろうか。いかなるシチュエーションでも場に交わる。

そんな気持ちを察してか、予定があるということで食事をご辞退されるケースもあります。
そして、この場合には、お布施とは別にお膳料というものをお包みする慣わしとなっています。

お寺さんからのお膳料の目安についてのお話はこんな感じだったと思う。

会食代より安いことはあってはならない。
ただ、わたしはお膳料をいただくなくとも食事は取れます。ご安心ください。


謎めいたアドバイスである。

ところがですね、今回知ったんですが、法要を午後からでお願いした場合、お坊さんとの会食およびお膳料について心配する必要がないそうなんです。

法要の日程調整で午後をお願いした折、食事のことをたずねたら、お寺さんが教えてくださいました。

これは素晴らしい!
ってことは、次回からは「遠方から来る者がおりますのでー」とか言って午後からでお願いすればいいのだ。

ちなみに、お寺さんは、周忌法要のお布施などについて、次のようにアドバイスくださっている。

お布施:任意
香華料(ご本尊様とお墓):10,000円
お供物料(ご本尊様):5,000円
お菓子代(法要前に出席者に出す分):人数×100円
卒塔婆代:施主用が7,000円、他が本数×4,000円
お畳料(食事会場としてお寺を利用する場合):10,000円
お膳料(お寺さんが食事を辞退された場合):任意

それから、わたしも知らんかったし、夫にも妹にも確認されたので書いておきますと、
1周忌というのは亡くなって1年後ですが、3回忌は3年後じゃなくて2年後となります。
ということで、人が亡くなって本当に落ち着くのは、この3回忌なのかもしれません。
1周忌まではあっという間、一息ついたころあいで3回忌。
次の節目の7回忌には本当に思い出に変わっていることでしょう。
そして、お寺づきあいの呼吸も会得していることでしょう。

DSC01292 
 ~昨日の夜ご飯~
 ・とりドラムの味どうらく焼き
 ・さつま揚げ
 ・かぼちゃサラダ
 ・大根の煮付け

 ご飯炊いたのに食べ忘れ・・・




 
 Comment. 3 Trackback. 0

Tue.09.16.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

3回忌まで引きずりそう

リーマンやってくれましたね。日経平均600円超の下げ。

そんな今日は、さらに面白くもないつまらない話を。

夏風邪があとひいて体力落ち気味ってこともありますが、このところのふさぎ気味な事情には母親の3回忌が近づいているってことがあると思うのです。

こう言っちゃなんですが、亡くした悲しみからくるものじゃなくて、法要関係の諸事のことで。

決して疎ましい親戚というわけではないのですが、母親は7人兄弟の末っ子でして、そんなこんなで70代以上の方がほとんどなわけです。
お元気とは言っても足腰弱ってる方もいるし、物事の感じ方・考え方もずいぶんと違うわけです。

49日法要で納骨できなかったこともあって、1周忌には伯父さん・伯母さん皆さんにお越しいただいたんですが、まあいろいろ大変で。
って、大変だったのはむしろ夫なのですが。
法要当日、おっきいハイエースを借りて親戚のお迎えに回ったりとか・・・
10時の法要に間に合わせるため、始発電車に乗って途中駅でレンタカーという荒業。
どうでもいいけど、あんまり田舎の方だとレンタカー屋さんがないのよね。
考えてみれば需要ないだろうけど、けっこう参ったわ。

で、3回忌も同様にやるものだろうかとか悩みつつ、信頼している本家筋の従姉に相談したところ、「うちだけ行くんでいいんじゃない?」って言ってくれて、だいぶ肩の荷を降ろしました。

ただ、だったら内内でやろうかと思って、でも、せっかく来てくれるといった従姉を思うと、電話しづらかったり・・・

あと、知らせは不要かなと思ってきていますが、叔父叔母に、内内でやる旨の挨拶はどうしたものかとか。

これまでの親戚づきあいって、あくまで親を通してのことだったから、急にダイレクトでってなるといろいろわからないことが多すぎる。
でも、結論を出す人はわたししかいない。

ま、叔父・叔母がわたしたち姉妹のことを心配に思わないようにさえ配慮すればいいんだろうが。

そして、密かにお坊さんも苦手なんだよなぁ。
得意な人は少ないかもですがw
 
 Comment. 0 Trackback. 0

Sat.08.02.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

お布施はあくまで仏道上に?

今日は曇り空で少しだけ過ごしやすいですね。
旦那さまがお帰りになる前に掃除を済ませよう(いちおう決意表明・・・)

ところで、お寺さんがプチ修繕をするようでして、工事の期間、お参りができなくなりますよーという連絡をくださったわけですが、、、

こういう時って、お布施は・・・
1.お墓代に入っていると考えて不要
2.気持ちで5000円
3.ちょっと1万円以下は持っていけない

悩むw

お気持ちをお願いしますとか、1口いくらでとかが文章に添えられていないだけに、これは新たな戦略か!とか思ってしまった。
まさに気持ちにゆだねられてしまった。

お寺の経営の大変さに応じて、たとえば、推定工事費が100万円で檀家数が100だったら、1世帯あたり1万円かなとかって考え方は、おそらく×なのよね。
どうも仏道は苦手だわ~
わたしの普段の思考回路からは遠いところにある。

アイン席
 今日は車内のアイン君の席を。
 本人(本鳥?)いませんが。
 助手席の後ろ側が定位置です。
 ビルダーさんが専用台を作ってくれました。
 ゴムバンドのシートベルトもあるよ。

 台の下は、靴とかをこまごま入れられるくらいのスペースがあります。

 そして、アイン席の右側はでっかい冷蔵庫です。
 大型観光バス用のだとか。

 ちなみに、側面の板は、跳ね上げ式でサブテーブルにできます。


 
 Comment. 2 Trackback. 0

Sun.07.13.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

お盆の法要でした

梅雨明けしたかのような夏の日差しですね。
夏バテにはくれぐれもご注意のほど。

さて。東京などの一部のエリアでは、1ヶ月早いこの時期にお盆となります。
うちがお世話になっているお寺さんの場合、お盆の時期の日曜日に檀家を一堂に集め、合同で供養法要を営みます。
本堂のスペースと檀家数の関係上、午前の部・午後の部とに分けて2度法要があり、事前にどちらの部に出席するかを連絡の上、いずれかの部に出席するという仕組みです。

ちなみに、お盆とお彼岸法要の際にお納めするものについて、入壇の際にお寺さんから説明があり、格家のお墓のお花代、卒塔婆代にお布施を加えてくださいとのお話でした。
具体的には、お花が2000円、卒塔婆が1本3000円ということで、トータル1万円という方が多いですとまで説明してくださいました。

ここまでご案内くださることの世間通念上というか仏道上の良し悪しはさておき、これからの都市部のお寺はこうなっていくのかもしれません。
わたしも言ってくださって助かるし、言ってくれないと本当に困る。

ご先祖代々の供養の責任者の重みはとても大きく、お寺さんとのお付き合いが深い分、檀家としての責務も多大でしょうが、前例の踏襲が容易という面はあると思います。

一方、わたしのように、1代前の親の代が供養の責任者でなく、まったく新たに供養の責任者になることになった場合、そうでなくても居住地などの関係からお寺を移らざるを得ない場合、お寺さんと1から関係構築を図らねばなりません。
その際、わずかに接した祖父や曽祖父の代の本家筋の供養のあり方を参考にすると、実際の生活に照らし合わせて到底無理なことが多くあります。
仏壇、位牌、遺影、墓、法要、ぱっと思い浮かぶだけでもいろいろあります。

人口層が厚くて、家族の形が変わった節目ともいえる団塊世代が親を送る年代に差し掛かり、お寺とのお付き合いやお墓ビジネスは大きく変わっていくように思いますが、デリケートな話なだけに急展開しずらい世界にも思われます。

ただ、わたしのように将来供養責任者になる見込みの人も、だからといって事前に準備できることは限られるわけで、そして、あまり考えたくない事柄。

この話題、なにを悩んでいるのか問題に思っているのか、未整理過ぎてまったく収拾つかないのですが、お盆の節目に思い浮かんだことをひとまず書き留めましょう。
とりあえず言えるのは、単に檀家制度が縮小するということだけではなく、特にお墓のことは社会問題化するように感じます。

DSC01099
 ~本日の夜ご飯~
 ピザです!

 ホームベーカリーでピザ生地を作り、あまり野菜、使いかけのハムなどを適当にトッピング。
 うちで作ると、肉類少なめでもおいしいのよねぇ。

 なんでも値上げが容認される環境になったと思うけど、デリバリピザの上昇ぶりには仰天します。
 もう頼めない・・・


 
 Comment. 2 Trackback. 0

Sun.05.18.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

18日といえば

今年から、毎月18日が忘れちゃいけない日になったんです。
お寺さんから、お正月にいただいたお札に、お水をお供えする日なんです。
5月ということで、既に5回の18日を迎えたんですが、なんとかその日中に思い出しています。
うち、日が落ちてから、お水を供えたのが2回・・・。今日は午後1時ごろに。

さて。しかし、なんで18日なのか。
きっとあの丁寧なお寺さんのこと。理由までお話してくださったと思うんです。
が、さっぱり思い出せないw

軽く調べてみると、「頭髪の日」らしい。きた!語呂合わせ!
あとは「観音様のご縁日」。きっとこれかなぁ。

うちが檀家づきあいはじめたお寺さん、檀家としてのおつとめをなかなかきっちり決めていると思うのです。
春と秋のお彼岸、8月のお盆、加えてこのお札をいただくことになるお正月の初観音護摩供法要が、年4回の定例行事として定められております。

ぷちぷち
 ぷちぷちはお好きですか?
 わたしは大好きです。
 かれこれ1時間こうしていますよ。


 アイン君、静かでいいわー。







 Comment. 0 Trackback. 0

Wed.04.30.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お寺さんと檀家

お墓参りついでに

母親が亡くなって1年半になるらしい。
お葬式のときに、少し前に息子さんを亡くされたいとこから言われて戸惑ったのですが、
「1年は本当にあっという間よー」と声かけられたのです。
割と明るめというか深刻目というか、微妙な感じに。
振り返ってみて、本当にそうだなあと思います。
年のせいかもしれませんけど、親が体調崩してからのここ数年、物忘れしているような感じが多いような。
元気なんですけれど、記憶が不鮮明というか、ボーっとしてるというか。
こうして、ブログを再開したりなどしている自分を見て、ようやくいろいろ落ち着いたんだなあと。
続くか心配でしたが、どうにか半月ほど更新しているようですね。ヨシヨシと。

と、今日は月命日ということで、出勤前にお墓参りしてきたんです。
都会暮らしというのに、お墓が気軽に行ける距離なんですよね。
というのも、母が入るお墓を新たに構えることとなり、ご近所のとあるお寺の檀家になったんです。
一代限りのお付き合いも可能なお寺を探して。
正確には、わたしじゃなくて旦那さまが檀家になってくれたんですけどね。。。
ありがとうございます。
毎月のお墓参りも、スケジュールが許す限り付き合ってくれます。

お寺やお墓については、本当にいろいろと考えさせられました。
というか、いまもふとしたときに考え込んでしまう・・・。うーーん。

頭の中の整理のためにもちょっとずつ書いてみようと思います。
今日はお墓参りのシステムについて。

えーっと、こういうお寺さんはおそらく少ないと思うので、特定されそうですが、
檀家墓地の構造上の制約もあって、
花瓶はお墓を買うときにセットでついてくるものを使うこと、
お供えのお花はお寺に依頼して2000円で買うこと、
という取り決めがあります。
なので、お墓参りに行きたい2日前までに「お花をお願いします」と電話する必要があります。
いちおう、いままで忘れちゃったことは無いんですが、いつか忘れそうでドキドキしてます。

花瓶が指定なのは、どんどん華美になっていってよろしくないということで、
お花も同じような理由、プラス、仏花に適さないとげのあるお花を供える方がいるとか、
そうした事情ということです。
また、2000円というのは市価より高いとお考えの方もいるでしょうが、
この余剰分はご本尊様の分とお考えくださいというお話です。

納得いたしました。

この一連の流れで、いまだに不安に思っていることが1点。
お寺で2000円を渡すときになんと言うのが最適なのか・・・。
どうやら、お布施のときは「お供えください」と申し添えるのがベストに思われるんです。
これまでの感触から、なんとなくですがw
しかし、ご本尊様の分が入っているとはいえ、お花のお手配と立替のお礼ということになるので、このケースで「お供えください」はおこがましい気もする・・・。
結局「お世話になります。いつもありがとうございます」と挨拶しているんですが、これってどうなのでしょう。

DSC00843
 ~昨日の夜ご飯~
 旦那さまお手製のカツ丼。
 
 わたしがゲームに夢中だったんで、作ってくれましたー。

 ゲーム内で、海賊に沈められて、仕返ししようと追いかけてたんですよ!
 結局、逃げられたー。

 「船乗り換えてくるね!」っていったのに、海賊さん、逃げたなー。
 やりたかったんじゃないのかよー
 次に会ったとき、覚えてろー

 
 Comment. 0 Trackback. 0

プロフィール

あき子

  • Author:あき子
  • 夫と二人暮らし。
    掃除が苦手なちゅーねんダメ主婦です。
    ほこりはゴミではありません。

    写真はヨウムのアイン君。

    買わない節制も大事だけれど、お得心が肝心よね。
連絡先
メルアド


ドミノ・デラックス
人気ブログランキングへ



プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログパーツ
QR

Page Top
リスクの高い株式投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。