HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイト税金・社会保険制度  >>  給付金辞退方式 条件付きで賛成
--.--.--.-- iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Fri.11.07.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

税金・社会保険制度

給付金辞退方式 条件付きで賛成

日経平均は大幅続落。もはや300円台の動きは大幅とは言わないのかもですが。
持ち株も狙っている株も小動き気味で、今日も売買はお休みです。

ところで、例のお金がもらえるっていう交付金の話、だんだん危うくなっているようですね。
周りの方々と比べて生活に余裕がある訳じゃなくても、年収次第では対象外になりそうな気配。

単にわたしの勘違いなのかもですが、定額減税の話が出た当初、景気刺激策という目的じゃなかったでしたっけ。
それが気付けば生活者支援策に。
まあ、どっちでもいいですけど、当初は定額減税、そして次には全世帯といっていたものを、中途半端な所得制限で高額所得者に辞退を促すというのはどうもしっくりこない。

辞退を促すという仕組み自体は、スムーズな実行、トータル経費の節減という意味で賛成できるけれど、その対象者が所得によってのみ線引きされるというのが、景気刺激策・生活者支援策、どちらに照らしても不納得だと感じます。

どんなルールでも制度でも、決めごとの境目にいる人がギリギリのところで恩恵に与れないというのは仕方のないことでしょうが、根底にあるところがおかしいと理解は得られない。

世帯所得の上限を設けると決まったのであれば、この際、1000万でも1500万でも2000万でも、どこのラインでもいいと思う。
辞退をお願いする方について、収入以外の次のような条件を付してくれるのであれば。

○住宅をのぞく資産が3000万円以上ある方
○以下のような事由によって月額10万円以上の固定費以外の出費や貯蓄が可能な方
  ・勤務先の手厚い福利厚生や親との同居などで住居費が低廉、
    もしくは既に住宅ローンを完済した
  ・子供がいない、もしくは既に独立して教育費がかからない
  ・健康で医療費がかからない

上で出した数字は適当ですが、生活支援を建前にするのであれば、収入と年齢以外に加味すべき要素があることを、やっかいを理由に見ないふりするのはひどい話だ。
年収1000万~1500万円というレベルは、都市部で共働きであれば実現可能な範疇です。
が、その多くは住宅ローンを抱え、子の教育費負担も大きいことでしょう。

そして、夫婦で1000万円台稼いでいる比較的若い世帯は、これから経済社会の活性化と財政再建の担い手となるべくがんばる世代のはず。
真に支援が必要な世帯への施策ならともかく、一見年収はあっても決してゆとりがある訳じゃない自分たちの層を除外して、実際日々の生活になんら困らないorゆとりあるじゃんな人にまで生活者支援?
そろそろ怒っちゃうんじゃないでしょうか。
まあ、数万円の話で本気では怒らないにしても、おもしろくない気分は蓄積されます。

たとえば、我が家と健康だったころの親とを比較して(亡くなっていますが・・)、年収ベースでみれば我が家より親の方が低いけれど、現金化しやすい資産は当然として、可処分所得から固定費を除いた自由になるお金も、親の方が多いんじゃないだろうか。

弱者って誰。
生活支援が必要な世帯ってどこ。

まあ、でも、要は、うちにくれないなら給付金なんか断固反対だっていうひがみだけなのか。
そこまで狭くないか。その程度か。わからなくなってきたわね。
 
関連記事
 Comment. 4 Trackback. 0

Comment

こんばんは(*´∇`*)
何をするのも雑なので、言葉が出ませんが・・。
どんな基準を設けようが、自己申告なんですから。
皆で貰っちゃいましょう♪
私的には、基準だのあーだこーだ話してないで、さっさと配れ!
税金の無駄遣いに、時間の無駄遣いはやめて欲しいと。
自己申告の枠で、基準を作っても・・
それなら「必要な人、集まれー!」って言って貰った方が貰うほうも気分いいですよね(笑)
そう言いたいですー。

KIWAKOちゃん

こんばんはー。
名案です!
必要な人、みんなでもらいに行こう!
麻生さんのように、「うちに来るのはおかしい」と考える人だけが辞退すればいい。
生活の厳しさの度合いなんて、他人が計るのは難しい。

そして、不満の根底は、さっさと配れっていうところよね。

KIWAKOちゃんみたいな方に議員さんになってほしいなぁ。

下野

 あき子さん今晩は。
この施策は失敗に終わるでしょう。自分は表向き賛成。疲弊した家庭が多いから。
 しかし、選挙前に人気取りにやったばらまきは人気を落とすことを与党は読めない。

 年金、後期高齢者医療、雇用などにお金注ぐのが筋なのに。

 この2兆円を配る経費は一節には2000億円との声も?

 地域振興券の失敗を教訓に出来ないところに日本の政治の貧困を感じる。
 国民の姿を映したものだから恥ずかしくなる。

 

池ちゃん

こんにちはです。
正直、2兆円とか2000億円とか、お財布に入りきらない額は実感がわかないです。
そんな膨大な額、ぜひとも有効に使ってほしいけれど。

年金や社会保障問題では、後世にツケを回すなと思いつつ、
交付金くれると聞くと、それが数万円でも気持ちが傾き・・・。
まさに思うつぼ!

まあでも、配ると決まった以上、ここはもらう方に入らねばw
Trackback
Trackback URL
Comment form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あき子

  • Author:あき子
  • 夫と二人暮らし。
    掃除が苦手なちゅーねんダメ主婦です。
    ほこりはゴミではありません。

    写真はヨウムのアイン君。

    買わない節制も大事だけれど、お得心が肝心よね。
連絡先
メルアド


ドミノ・デラックス
人気ブログランキングへ



プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログパーツ
QR

Page Top
リスクの高い株式投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。