HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトお買い物記録  >>  通勤自転車の選び方
--.--.--.-- iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Mon.10.26.2009 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

お買い物記録

通勤自転車の選び方

ここ何年か、自宅か客先・取引先が仕事場ということが多かった旦那さま、事務所開きをきっかけに自転車通勤をはじめました。
そろそろ1ヵ月といったところでしょうか。事務所までは30分ちょいだそうです。

多少かわいげのあるシティサイクルといえば聞こえがいい、7~8年前に買ったママチャリでスタートした自転車通勤、予想どおり、もちょっと通勤向きな自転車がほしいと言い出しました。

定期代を思えばと、わたしも賛成したんですが、たかが自転車にドンだけ時間かけるんだ!ってほどに調べてます。悩んでます。
自転車苦手で乗らないことにしているわたしには理解不能です。

せっかくですので、夫が悩んだ点をヒアリングして、実用・安全性重視のおじちゃんが、通勤向け自転車を選ぶ際にポイントとなりそうな比較検討事項をまとめてみました。
キーワードだけでも参考にどうぞ~

■ライト
いきなりライトの話ってマニアックと感じるかもしれませんが、通勤自転車向きと言われるクロスバイクには、ライトがついてないタイプがけっこうあるのです。
明るいうちに帰ってくることがむずかしい一般的通勤利用を考えると、なるほど命にかかわる重要問題なわけです。

まず、ライトが標準装備されていない場合、オプションから選ぶか、着脱可能な電池式などの一般売りライトで対応するかということになりますが、後者をママチャリのバックライトとして実践したところ、取り外しがけっこうおっくうだそうです。
懐中電灯としても使えるだけに、付けっぱなしだと持って行かれそうな物だとか。
なお、ブリヂストンサイクルのマリポーサのように電池式LEDライトが標準装備というケースもありました。

次に着脱式でない発電式自転車ライトを見ると、次の種類があります。
・ブロックダイナモ(リムダイナモ)
・ハブダイナモ
前者のブロックダイナモはママチャリでもよくある漕ぐのが重くなるタイプ。
後者のハブダイナモは前輪の車軸のところに特殊装置があって、そのおかげで、ペダルが重くならないという優れもの。もちろんお値段お高めです。

ということで、ライトは、予算が許せばハブダイナモ。着脱式がめんどうでなければ標準装備にこだわらなくても良い。という感じでしょうか。

■変速機
ママチャリから一歩踏み出したい理由はここにあるのかな?と思う変速機についてです。
これは内装式と外装式とがあります。
見た感じでは外装式の方が多くて、お値段も安いと思います。

なお、内装式の特徴は、停車した状態でギアチェンジできるという点にあります。
ふつう、自転車でブレーキをかけて止まるとき、ギアを落としてからということはしないと思われます。
そうなると、次の走り出しは重いギアでスタートということになるわけです。
信号待ち停車が多い都市部において、停車中のギアチェンジが可能で、走り出しを軽くできる内装式は魅力的なようです。

■ブレーキ
信号待ちが多い話の延長で、たびたび使うブレーキの性能も重視したということです。
キーキーいうのは問題外。
制動力を重視するのであれば、前ブレーキがダブルピポットブレーキ、後ろブレーキがローラーブレーキが候補とか。

■ベルトドライブ・チェーンカバー
チェーンドライブ・カバーなしのすてきなデザインは要注意。
スーツズボンの裾巻き込み、油汚れ、チェーンのメンテナンスを考慮すると、ベルトドライブやがっちりチェーンカバーが安心でしょうか。

------------------------------------------------------------

そんなこんなで、最終的に買ったのはブリヂストンサイクルのプレスティーノ。
3クラスある中の一番お高いタイプだそうです。定価61,800円は聞いてびっくりしたわ・・・。
DSC02576.jpg
 なんでも、3クラス中、一番お安いタイプは発電方式がブロックダイナモ。
 真ん中クラスはハブダイナモだけど変速段数がやや少ない。
 一番お高いのは変速段数も多く、テールライトがソーラー発電夜間自動点滅というおまけ付きとか。

 ちなみに、デザイン・色はあんまり気に入っておらず、実用・安全重視の質実剛健チョイスだそうです。オイオイ

でも、実物見たら、きれいなネイビーカラーで、本人も満足した様子です。
なにより、標準装備されていた大きめかごに、愛用のTUMIデカ鞄(厚さ15cmくらい)がなんとか収まったのを喜んでいます。
青島刑事もご愛用であった薄いタイプのTUMIなら、楽に入りました。

色やデザインでみると、同じくブリヂストンのマリポーサなんか、たしかにかわいく、お値段も少しお安いのですが、ライトが電池式LEDな上に、標準装備でないかごをつけると同じくらいの値段になってくるんですって。

そうそう。城東エリアで実物見るのによいお店として、ヨドバシカメラの秋葉原店を紹介したいと思います。
家電量販店で?と意外でしたが、電動アシスト以外の自転車もたくさんあって驚きました。
それから、納得価格のお店が見つからなかったとき、上野御徒町の多慶屋さんが候補です。
展示品はヨドバシよりずっと少ないですが、店頭でお願いすると、ブリヂストンサイクル、定価の2割引きで取り寄せてくださいました。
また、不要自転車1台無料引き取りのおまけも付いています。
オンラインショップでの自転車の取り扱いはほんとちょっぴりですが、いちおうリンクを貼っておきます。情報収集にお役立てください。
TAKEYAオンラインショップ


いやぁ。本格的なロードバイクってことでもないのに、通勤自転車選びも奥深いものですね。
 
関連記事
 Comment. 0 Trackback. 0

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あき子

  • Author:あき子
  • 夫と二人暮らし。
    掃除が苦手なちゅーねんダメ主婦です。
    ほこりはゴミではありません。

    写真はヨウムのアイン君。

    買わない節制も大事だけれど、お得心が肝心よね。
連絡先
メルアド


ドミノ・デラックス
人気ブログランキングへ



プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログパーツ
QR

Page Top
リスクの高い株式投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。