HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトクッキング・ぷちレシピ  >>  自家製!食べるラー油
--.--.--.-- iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Wed.02.16.2011 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

クッキング・ぷちレシピ

自家製!食べるラー油

ひとつ前の記事で、炊きたてご飯の上にのっけた写真をUPした手作りの食べるラー油、こちらになります。
DSC06331.jpg ある日、突然、夫がつくってくれました。

 松屋で混ぜるラー油って出たそうで、それの印象が良かったみたい。
 毎度買うと高いから、改良版を自らつくる気になったようです。

 空前の大ブームになっている食べるラー油ですが、実はうちでは買ったことなくて。

 ということで、夫の手作りしか食べたことがないので、ほかのと比較できませんが、のぞき見した材料・手順をまとめておきます。

まず、最低限必要な基本材料は、こんな感じだと思います。
分量は大きめのビン(350mlくらい)を想定してます。
DSC06541.jpg ・たまねぎ(1個)
 ・ガーリックスライス(20g)
 ・鷹の爪(1~2本)
 ・豆板醤(小さじ1~2)
 ・砂糖(小さじ1~2)
 ・塩(少々)
 ・ごま油(100ccくらい?)
 ・サラダ油(揚げ・炒め用)

うちでは、うまみパワーを期待して、昆布だしも入れました。
シンプル材料でやるときは、だしを入れておくといいかもです。

ほかに、手持ちの乾物なども混ぜ込みました。
DSC06547.jpg ・干し貝ひも
 ・塩昆布
 ・干しエビ
 ・切りいか

 このあたりは、アリものでいい気がします。
 あくまで具の基本は、フライドオニオンとガーリックではないかと思われます。

では作り方に。
DSC06294.jpg 1.フライドオニオンを作る
 たまねぎを粗みじんにして、炒めるよりは多めの油で揚げます。
 弱火でじっくり茶色っぽくなるまで揚げて、いったん油を切ります。

2.ガーリックスライスなどを炒める
フライドオニオンで使った残り油が多すぎるようであれば量を調整し、ガーリックを弱火で炒めます。
色が変わってきたら、ほかの乾物類も順次投入します。
鷹の爪は種を取り除いて細かくしたものを入れました。

3.調味料と混ぜる
フライパンの火を止めて、フライドオニオンを戻します。
続いて、ごま油、豆板醤、砂糖、塩を加えます。

具の内容や分量次第で油の吸い具合も変わってきそうなので、分量を言うのは難しいのですが、ごま油をひたひたぐらいまで入れてみて、豆板醤小さじ1、砂糖小さじ1、塩少々を混ぜ合わせ、お味見されてはいかがでしょうか?
うちは塩昆布使ったので、塩はほんの少しにしました。

DSC06336.jpg 味見の瞬間からおいしいですが、ご飯にのせると、際限なく食べてしまいそう。
 危険!

 ごま油の在庫十分でしたら、軽くお試しなどいかがでしょうか~

ちなみに、食べるラー油は買ったことがないけれど、かれこれ10年ほど、李錦記の潮州辣椒油を愛用しています。
ラー油といえばコレ!
ご飯にのせて食べるには向いてないけれど、これも具入りです。
関連記事
 Comment. 0 Trackback. 0

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あき子

  • Author:あき子
  • 夫と二人暮らし。
    掃除が苦手なちゅーねんダメ主婦です。
    ほこりはゴミではありません。

    写真はヨウムのアイン君。

    買わない節制も大事だけれど、お得心が肝心よね。
連絡先
メルアド


ドミノ・デラックス
人気ブログランキングへ



プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログパーツ
QR

Page Top
リスクの高い株式投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。