HOME   >>  スポンサー広告  >>  スポンサーサイトつれづれなるままに  >>  都合よく解釈する
--.--.--.-- iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Tue.07.22.2008 iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

つれづれなるままに

都合よく解釈する

ゲームは好きな方ですが、最近のゲームは操作が難しすぎてできないことも多い。
信長の野望なんかは、スーパーファミコンとかの頃はできたけど、だんだん進化するにつれてついていけなくなった。コマンドが多すぎる・・・。

わたしみたいな人、意外と多いのか、こういう層に再びゲームに戻ってもらおうというゲームが最近増えているように感じます。
その一例がDSソフト、「国盗り頭脳バトル 信長の野望」です。


夫がすごい勢いですすめるのでちょっとだけやってみたところ、たしかにわたしでもできた。
ただ、すぐに飽きて辞めましたが・・・。
ちなみに、夫はいまだにすごい夢中になっているw

ま、このゲームの魅力とか操作感の話はさておき、ひとつ感心したことがあるんです。
それは、ゲーム序盤で登場する信長の守り役の平手政秀さんについての人物像解釈です。
この方、信長の大うつけが原因で、責任を感じて自害したというのが定説と思っています。
(歴史ぜんぜん詳しくないんで、話半分に聞いてね)
で、平手さんの訃報を聞いた信長が「平手の爺よ、なぜ死んだ」って深く悲しみ、その後改心したとか。

これはこれで筋道は通っている話に思うのですが、なんとなくひっかかるような。

そんな密かなどうでもよいような引っかかりを解決してくれたのがこのゲームでした。

平手さんは、信長がうつけじゃないことを十分に知って、あえて周りにうつけと思わせるよう立ち回って支え続けた。
そして、年齢的に死期が近づきつつあったある時に、「そろそろ死んでみますね」って感じで戦略的に効果的なタイミングで自害したという話。

きっとわたしの思いのなかに、幼少の頃から使えた主君のことをうつけと思って死ぬなんて、果たしてそれってどっちがうつけ者じゃ!という思いがあったんでしょうね。
ということで、すごくすっきりした。

平手さんがどのような思いで自害に至ったかはわからない部分ですが、こういう解釈良いですねぇ。
わたしに合います!

そうそう。このゲーム、DS持ってない人でも、ソフト買うのはなあ・・・と思う方でもお試しバージョンのPC版が無料で楽しめます。
平手さんのシーンも体験版に含まれていますんで、興味ある方はどうぞ!

コーエーホームページ 国盗り頭脳バトル 信長の野望 ~体験版~

コーエーとは縁を切ったのにまた宣伝してしまったぞ!
 
関連記事
 Comment. 0 Trackback. 0

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あき子

  • Author:あき子
  • 夫と二人暮らし。
    掃除が苦手なちゅーねんダメ主婦です。
    ほこりはゴミではありません。

    写真はヨウムのアイン君。

    買わない節制も大事だけれど、お得心が肝心よね。
連絡先
メルアド


ドミノ・デラックス
人気ブログランキングへ



プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログパーツ
QR

Page Top
リスクの高い株式投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。